任意整理の前提

皆さんは任意整理という言葉を聞いたことがありますか。任意整理と言う言葉を聞いたことのない人は、試しにインターネットで検索をかけてみると、任意整理に関するホームページがたくさん出てくることに気がつくでしょう。このことは一部では任意整理が非常に普遍的に行われていることが伺えます。任意整理と言う言葉ではわかりにくいでしょうが債務整理と言う言葉を使えば皆さんにもおわかりになるでしょう。任意整理とは、様々な理由によって多額の債務を抱え、その返済が困難になった人の為に行う法的手続きです。その目的は言ってみれば借金を整理してその負担を軽くすることです。そして多重債務に苦しむ人達の借金整理を手助けし、借金のない新しい生活を送れるようにすることです。このようなことを主旨とした借金整理の方法には幾つかの種類がありますが、任意整理はそれらの方法の中の一つです。上に紹介したように、任意整理は一般的に債務整理とも呼ばれていますが、各債権者に対する今後の返済を続けていくことを前提とした借金整理の方法になります。

では実際に多重債務に陥った人達は、数ある借金整理の方法の中から、一体どのようなケースにおいてこの債務整理即ち任意整理を選択するのでしょうか。それは例えばこのようなケースにおいてです。例えばある人が現在多額の借金を抱えているとします。その金額は例えば毎月20万円としましょう。毎月20万円の返済となると、普通の暮らしをしている人にとっては相当に重い負担だと言えます。中には毎月20万円の返済なんてどだい無理だという人も少なくないでしょう。また仮にそうでなく、20万円は何とか返済できる範囲の金額であったとしても、今後毎月に渉って20万円を返済し続けてその殆どが借金の利息分だとしたら、借金の元本はいつまで経っても減ることなく、これでは永遠に出口の見えない借金地獄に陥ってしまうことになります。ですがもし仮に毎月の返済額が5万円になったとしましょう。毎月5万円の返済となると、当然ながら毎月20万円返済の場合と比べてぐっと負担が減ることになり、返済も可能な範囲となるでしょう。また借金の利息分だけを払い続けていつまで経っても借金の元本が減らない、といった苦しい状況に陥ることもないでしょう。このように毎月返済のできる範囲まで借金を減額し、この後地道に返済を続けていけば、いずれは晴れて借金がなくなり、これまで多重債務に苦しんでいた人達も借金のない新しい生活へのスタートを踏み出すことだってできます。ここでまとめますと、あらゆる債務を整理する手段がある中で、その中から任意整理を選択するケースとしては、要するに現在よりも月々の返済額が減ったという場合に、借金の返済を続けていくことが可能な場合です。何度も繰り返すようですが、今後毎月に借金の返済が可能なことが任意整理の前提となります。そうしたケースで任意整理という手段を検討することになります。逆に言えばたとえ借金を減額してもそれでも毎月の返済が叶わないと言うほど、それほどまでに借金の金額が多い場合は、始めから任意整理ではなく、自己破産等他の方法を選択することになります。

おすすめWEBサイト 5選

歯列矯正を東京でする
http://www.6777.jp/
ペット火葬をさいたま市でする
http://www.nansaikaikan.com/
上大岡の腕利き矯正歯科
http://www.sugitakyousei.com/

2016/7/29 更新