困ったときの任意整理

皆さんもご存知のように、20世紀の80年代後半から90年代初頭にかけての、日本の経済は嘗てないほどの好況を呈することになります。そしてそれが後になって所謂バブル経済と呼ばれるようになります。そしてそのバブルが弾けたあと、日本経済がどうなったかは周知の事実です。日本経済はその後長い苦境の時代に入ります。バブル崩壊後、多くの人達がその後遺症に苦しむことになります。バブルのツケはある意味現在まで至っていると言えます。バブルの崩壊によって引き起こされた現象のうち、最も典型的な例の一つが、バブル期にローンを組んでマイホームや不動産を購入し、人によってはそれらを買い漁ったものの、当初は購入した後の不動産価格の値上がりを目論んでいたものが、逆にバブル崩壊によって不動産価格が大幅に下落してしまい、それが資産価値の下落、目減りという結果になってしまったというケースです。当然ながら高額なローンの支払い義務だけが後に残ってしまい、多くの人がバブル崩壊の直撃を受けました。こうして財産を失った人がバブル崩壊後いったいどのくらいいたでしょうか。
このころから所謂自己破産、カード破産という言葉がよく聞かれるようになったような気がします。バブル経済が崩壊した後、多くの人が借金、或いは収入の減少に苦しむようになりました。このことは昨今の世界同時恐慌においても同じことが言えます。多くの人が例えば収入を当て込んで高額な買い物をしたものの、本来ならあてにしていた収入が失業や収入源、及びその他の理由で入らなくなってしまい、その結果借金が残ってしまったケースです。中には消費者金融やさらに悪徳の高利貸し等に手を出し、その返済に困ってしまった人もいます。こうした金貸し業者には悪徳業者もいて、そこからの過酷な取立てに悩む人もいます。もっと悲惨なケースとしては、ある消費者金融業者からの借金を返済するために、別の消費者金融業者からの借金に手を出してしまうケースです。こうすることは言うまでもなく借金の解決にはならず、逆にどんどんと借金の深いぬかるみにはまっていくだけです。その場合、後で待っているのはより深刻で尚且つ過酷な借金地獄です。借金苦という言葉がありますが、それはまさにこの状態で、またその状況が如何に辛いものかは実際に体験した人にしかわからないでしょう。
ところでもし皆さんが不幸にも本当に多額の借金を抱えていて、その返済に困っているとしたら、その事実を他人には知られたくないものです。会社の同僚は勿論、知人や友人には知られたくないと思うことでしょう。実際に多額の借金を抱え、その返済に苦しんでいる人達の中には家族にも知られたくないと思い、多額の借金を背負っているという事実を家族に対してさえ秘密にしている人もいます。ですがそうした事実を打ち明けようとも、それしないにしても、いずれにせよ借金は返済していかなければなりません。借金があまりに多額で返済もままならない、だけども家族や知人にはそのことを知られたくない…こんな行き詰った状況に追い込まれてしまったとき、何か手立てはあるのでしょうか。果たした万事休すなのでしょうか。もし不幸にも本当に皆さんがこのような状況に陥ってしまった場合、皆さんに是非とも知っておいていただきたいのが任意整理と呼ばれる方策です。

ここではそんな任意整理について紹介していきます。任意整理はまさに借金の返済に困ったときの方策で、「困ったときの任意整理」と言ってもいいでしょう。皆さんがもし本当に多額の借金に困り、返済もままならなくなったら、是非任意整理に関して専門家に相談してみることをお勧めします。そうすることで、出口のない借金のトンネルに陽射しが差し込むことも十分に考えられるのです。

recommend

全国のコーヒーファンへ、北国のストーリーのたくさん詰まった新鮮なビーンを毎日通販にてお届けしています。

コーヒー ギフト

流行に左右されない一生物の婚約指輪

婚約指輪

MDSAは男のための脱毛サロン!

男 脱毛

東久留米市を中心に東京・埼玉・神奈川・他、外壁塗装からリフォームまで行います

外壁塗装 小平市

浦安市の訪問ペット火葬(葬儀・お葬式)

ペット火葬 浦安

最終更新日:2016/12/5